SOARISTO工房 Logo
Lighting Archive

 御大師様にて交通安全祈願をしていただいた後、

Audi R8 Daytime-Running-Lamps Cording, Axis Yokohama

 横浜市は都筑区の、「Axis Yokohama」さんに来てみました。

Audi Ur-Quattro

 と、その前に。

 店頭に、とても珍しいクルマが駐まっていました。WRC(世界ラリー選手権)にて数々の輝かしい戦績を残した、「Quattro」(Ur-Quattro)です。

 年式は分かりませんが、初代の発表が1980年ですから、いまから35年前後も昔のクルマになります。Quattroの大先輩ですね。

 直列5気筒の、インタークーラー付きターボエンジンを積んでいます。

1 Related Entries
2017/05/01

 前回の続きです。

 いよいよ、アルミメッシュを、サイドグリルに組み込みます。

Porsche 911 Type 997, Front Mesh Grill, HID Fog Lamp, DIY

 手間ヒマ掛けて塗装した、彼の国の「トリコロール」です。

Porsche 911 Type 997, Front Mesh Grill, HID Fog Lamp, DIY

 「横フィン」の形状に合わせてしっかりマスキングしたことにより、やたら細かく塗り分けられています。

#「縦フィン」を付けたら、見えなくなってしまいますが。

2017/04/23

 前回の続きです。

 HIDフォグランプユニットに組み込む、「HIDバーナー」(HIDバルブ)を加工します。

Porsche 911, HID Fog Lamp, Philips X-treme Ultinon HID 6200K

 HIDバーナーは、Philips社の「エクストリーム アルティノンHID 6200K」を選びました。

 色温度は、従来品の「アルティノンGX HID 6200K」と同じですが、光束が2,500lmから3,300lmへと、約1.3倍明るくなっています。(パッケージには、「+40%」と書かれていますが)

Porsche 911, HID Fog Lamp, Philips X-treme Ultinon HID 6200K

 もちろん、Porscheと同じ、ドイツ製です。

 同社からは、色温度がさらに高い「エクストリーム アルティノンHID 6700K」(2,900lm)も出ていますが、視認性と明るさの向上を狙い、6,200Kのものを選びました。

2017/04/02

 前回の続きです。

 アルミメッシュの加工を、さらに続けます。

Porsche 911 Type 997, Front Mesh Grill, HID Fog Lamp, DIY

 フォグランプユニットの“顔”が出る部分を、加工します。

 Illustratorで楕円を描き、これを型紙として、金切バサミを使って、正確に切り出していきます。

Porsche 911 Type 997, Front Mesh Grill, HID Fog Lamp, DIY

 いったん仮組みし、アタリを見ます。

 イイ感じです。0xF9F8

 しかし、これでまだ完成ではありません。そう、ここで、あの「マリオの土管」(太めの門松)が活躍します。

2017/03/12

 またも、だいぶ間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

Porsche 911 Type 997, Front Mesh Grill, HID Fog Lamp, DIY

 「マリオの土管」を斜めに切断し、「太めの門松」を作りました。

 切り口が、かなり鋭角になっていますが、この角度こそ重要なのです。

#ノギスで基準点を測定してみましたが、左右完全にシンメトリーで、我ながら恐ろしいほど正確に切り出せました。0xF9CF

 準備ができたところで、いよいよアルミメッシュの加工に入ります。

Porsche 911 Type 997, Front Mesh Grill, HID Fog Lamp, DIY

 サイドグリル中央部にある縦の支柱を取り外し、上端部の形状を型取ります。