SOARISTO工房 Logo
Home Archive
2007/11/04

 こうなったら、もう止まりません。前回の「勝手にトイレ」の続きです。

katteni12.jpg

 我が家の玄関周りのスイッチ(某T社製)です。左上が、リビング・ダイニングまでの廊下のダウンライト、右上が、玄関のダウンライト、左下が、玄関の下駄箱の下の間接照明、右下が、玄関の外のポーチライトです。

katteni11.jpg

 今回取り付けた、「かってにスイッチ」(WTK18115W、希望小売価格:9,975円)と、「あけたらタイマ」(WTC53315W、希望小売価格:7,140円)、「埋込ほたるスイッチ」(WT5051)、「埋込パイロット・ほたるスイッチ」(WT5042)、「スイッチプレート」(WTC7102W)です。
(この他に、「スイッチハンドル」(WT3033W)が必要となります)

katteni20.jpg
(画像は、某P社さんから拝借)

 まず、何が「かってにスイッチ」なのかというと、人間が近付くと、スイッチ内部の対人センサ(赤外線センサ)が反応し、その名のとおり、勝手にスイッチが入るからです。

 荷物で手が塞がっていても、玄関に入れば勝手に照明が点くので、とても便利です。

katteni21.jpg
(画像は、某P社さんから拝借)

 つづいて、「あけたらタイマ」です。こちらはスイッチ内部にタイマーが埋め込まれていて、設定した時間になると、スイッチをONにしたりOFFにしたりすることができます。

 何に使うかというと、例えば、玄関の外のポーチライトを、「18:00に点灯、23:00に消灯」のようにセットしておけば、留守にしていても在宅を装うことができ、簡易的な防犯対策とすることができます。

 能書きはこの辺にして、さっそく取り付けです。

katteni13.jpg

 とりあえず、標準のスイッチを取り外します。

#施工には、電気工事士の免許が必要です。

katteni15.jpg

 配線をつなぎ替えて、スイッチ一式を取り付けます。割と複雑な配線だったりします。

katteni16.jpg

 スイッチプレートを開くと、動作時間などの細かな設定をするダイヤルが出てきます。
(画像は動作確認中のため、カバープレートを取り付けていない状態ですが、取り付けた状態でも、スイッチプレートを開くことができます)

 左側の「かってにスイッチ」の2つの小さなダイヤルですが、左側のダイヤルは、対人センサの反応後、点灯状態を保持しておく時間を設定するもので、約10秒~30分の間で調節できます。(玄関のお勧めは、1分とのこと)

 右側のダイヤルは、対人センサが反応する周囲の明るさを調節できます。

 右側の「あけたらタイマ」では、現在時刻、点灯時刻、消灯時刻を設定します。外出する時は、青色の「留守番ボタン」を押します。

 さらにすごいことに、「長期不在モード」にしておくと、点灯と消灯の動作時刻を、前後30分間、ランダムにシフトしてくれるので、「いつも18:00に点いて、23:00に消える」ということがなく、より“在宅感(?)”を高めることができます。

katteni17.jpg

 あっさり取り換え完了です。

katteni18.jpg

 ちょっと細かいのですが、Adobe Illustratorを駆使して、スイッチに埋め込むオリジナルのネームプレートを作ってみました。

katteni19.jpg

 ということで、「勝手に玄関」の完成です。これで、夜間に両手が塞がっていても、苦労してスイッチを押す必要がなく、楽に部屋に入ることができるようになりました。

〔おまけ〕

 この「人感センサ」を、某社に工事中オプションで頼むと、30,000円(税込)だそうです。
(ちなみに、「かってにスイッチ」の購入価格は、4,788円(税込)でした)

   ♪「右から来たものを~、左に受け流す~」

 いや~、どんだけボッタクれば気が済むんでしょうか、このヒトたち。

2007/11/04

 前回のLEDホーム保安灯に続いて、またも電気配線ネタです。
(「そんなことより、もっと他にやることあんだろっ!」というツッコミが)0xF9C7

katteni01.jpg

 我が家のトイレのスイッチ(某T社製)です。上段が照明で、下段が換気扇です。スイッチには、パイロットランプが仕込まれていて、ONになっている時には、赤く点灯します。

 スイッチが大きくて、便利には便利なのですが、トイレに入る時には、必ずツーアクションとなるため、割と面倒くさかったりします。
(特に、“諸般の事情”により、急いでいる時とか)0xF9C7

katteni05.jpg

 今回取り付けた、「遅れ停止スイッチ」(WTC5383W)と、「スイッチプレート」(WTC7101W)です。

 何が「遅れ停止」なのかは、後ほど。

katteni02.jpg

 とりあえず、標準のスイッチを取り外します。

#施工には、電気工事士の免許が必要です。

katteni03.jpg

 配線をつなぎ替えて、「遅れ停止スイッチ」を取り付けます。

 念のため、この時点で動作確認をしておきます。通常の状態(待機状態)の時は、パイロットランプが緑色に光ります。
(暗がりでもスイッチの位置が分かるよう、某P社では、「ほたるスイッチ」と呼んでいます)

 照明のスイッチを切ってから、換気扇のスイッチが切れるまでの時間(遅れ時間)は、スイッチ内部のダイヤルを回すことにより、調節することができます。(0秒~約5分)

katteni04.jpg

 あっさり取り換え完了です。

 トイレの照明が点灯している時は、パイロットランプが赤色に光ります。照明のスイッチを切り、換気扇が遅れ動作をしている時は、パイロットランプは消灯します。換気扇のスイッチが切れた時には、また緑色に戻ります。

katteni06.jpg

 ということで、「勝手にトイレ」の完成です。これで、ワンアクションで、照明と換気扇をコントロールすることができるようになりました。

 トイレタリーは、「Afternoon Tea LIVING」のグッズで統一してみました。優しいグリーンです。

2007/11/03

 ゆっくりですが、着々と進んでます、ホームシアター計画

light01.jpg

 先に完成後の状態から。

lighting01.jpg

 ホームシアターのライティングですが、空間が明るすぎると雰囲気に欠けたり、逆に暗すぎると目が疲れやすくなったりしてしまいます。

 いわゆる一般的なシーリングライトでまともに照らすのではなく、ホームシアターに適した工夫が必要となります。(詳しくは、こちら

light16.jpg

 ホームシアターのライティングのコンセプトは、こんな感じです。画面を直接照らすのではなく、天井に設置したスポットライトから、画面背面を柔らかく照らす感じにします。

 スポットライトを後付けで天井に設置するためには、ベースとなる「インテリアダクト」が必要となります。

 ということで、まずはインテリアダクト選びから。

light02.jpg

 インテリアダクト「LK04083W」です。ダクト本体に工夫があり、レールを左右に最大300mmスライドできたり、ダクト本体を中心に最大90°まで回転できたりします。

 これまで天井の梁の位置関係により設置できなかったケースでも、レールを可動させることにより、設置できるようになっています。

 しか~し、このモデル、ダクト本体の高さが82mmもあります。実際に実物を見たのですが、これにスポットライトを取り付けると、かなりの天井からの“ブラ下がり感”があります。

 ということで、できるだけダクト本体の高さが少ないモデルにすることにします。

light03.jpg

 インテリアダクト「LGK00102W」です。ダクト本体の高さは、32mmしかありません。

 天井からの露出は、ほとんどレールの高さ分しかなく、天井埋め込み型に近い感じにすることができそうです。

 し~かし、カタログには、

   ・アウトレットボックス取付専用器具です。配線器具には取り付けできません。
と小さい字で書かれています。

 一般ピープルには、何のことやら、さっぱり分からない表現ですが、

   ・設置には、あらかじめ天井内にアウトレットボックスを埋設しておくことが必要で、引掛シーリング(または引掛ローゼット)などへの後付けはできません。
という意味です。

 んが、しかし、ちょっとだけ工夫することにより、取り付けできちゃうんです。

light04.jpg

 一般的な「引掛ローゼット」です。

light05.jpg

 引掛ローゼットを取り外します。

#施工には、電気工事士の免許が必要です。

light06.jpg

 ダクト本体用の取付金具を固定します。

light07.jpg

 配線コネクタの先端がアウトレットボックスに干渉するため、ダクト本体を一部改造します。

light08.jpg

 ダクト本体を取付金具に固定します。

light09.jpg

 スポットライト「LGB54120」を取り付けます。

light11.jpg

 レールの部分に、ダクトカバー「DH0294S」を取り付けます。

 レールに仕込まれた電極を剥き出しにしておくと、電界にカーボンが引き寄せられ、次第に壁の周辺が黒ずんでいってしまいます。ダクトカバーを取り付けることにより、この黒ずみを抑えることができます。

light10.jpg

 あっさり完成。

 ダクトカバーを取り付けたことで、レールの溝が目立たなくなり、“すっきりりんこ”しました。

duct00.jpg

 狙ったとおり、天井の高さが強調されて、なかなかいい感じになってきました。

 あとはBRAVIAを設置するのみ。

〔おまけ〕

 なぜに天井からの厚さに拘っているかというと・・・。

light14.jpg

 リビングのメインに据えたのは、スリムシーリングライト、PANELIAシリーズの「HFA8156」(希望小売価格:70,350円)です。

panelia01.jpg

 一般的なシーリングライトは、厚さ120~150mm程度ありますが、このPANELIA「HFA8156」は、厚さ98mmほどしかありません。

 しかも、本体後方(天井方向)にも配光されているため、天井に光が反射して、間接照明のような効果が得られます。

light15.jpg

 こんな感じで、シーリングライトの厚さを抑えることにより、天井が重たい感じにならず、しかも間接照明により、シーリングライトが浮き上がったように見えます。

 さんざん悩んで選んだ甲斐がありました。かなりお気に入りです。

2007/10/20

 冷蔵庫、洗濯機とくれば、つぎはエアコン。

National CS-63RGX2

 とりあえず、先に完成後の状態から。

National CS-63RGX2

 設計上の、エアコンの取付想定位置です。

 我が家は、工事中オプションとして、4LDKのうち、1部屋ブチぶち抜きでリビング拡大しているため、その名残りとして、貫通口やコンセントが、2ヶ所付けられています。
(最初っから分かってるんだから、どっちか埋めといてくれればいいのに)

 このまま想定位置のどちらか一方にエアコンを取り付けると、ダクトはカクカク曲がって梁の上を走り回るわ、コンセントは使われないまま残るわで、格好悪いことこの上ありません。

 ということで、天の邪鬼な職人は、想定位置を外して、エアコンを取り付けることにしました。

 まずは測量から。

aircon02.jpg

 工房の最新兵器、「壁裏センサー付きレーザー水準器」です。

aircon03.jpg

 寸分の狂いなく、ビタッと水平を出すことができます。
(いまや、レーザーの時代ですよ、レーザーの!)

National CS-63RGX2

 マスキングテープで、取り付け位置をマーキングしておきます。

 取付説明書を見ながら、エアコン本体のダクト取り出し口の真下に貫通口がくるようにし、ダクトカバーが露出する距離が最短になるようにしています。

 コンセントは、ちょうどエアコン本体の真裏にくるようにし、壁の中に埋め込むことで、2ヶ所とも隠せるようにしています。
(2ヶ所の穴は、コンセントボックスを取り外した状態です)

 縦の二重線は、「壁裏センサー」によって割り出した、補強材の位置です。ここまでやっておけば、誰がやっても、綺麗に取り付けられるはずです。

National CS-63RGX2

 ついでに、室外機の据え付け位置も、マーキングしておきます。

National CS-63RGX2

 ということで、取り付け完了。

 業者さんを手伝いながら(邪魔しながら?)、半日掛けて、じっくり取り付けていただきました。立ち会った甲斐があり、驚くほど綺麗に取り付けていただきました。
(○○電設の○○さん、ありがとうございました)

 ダクトも最短、コンセントも隠蔽できたので、“すっきりんこ”です。

National CS-63RGX2

 リビング兼ホームシアターの模様(側面)です。

 据え付け高さを、設置限界ギリギリにしてもらったので、天井高が強調されて、より高く感じられます。
(空気吸い込みのため、本体上面は、天井から5cm以上開けなければなりません)

 今回取り付けたエアコンですが、リビングの広さが、オープンキッチンも含めると22.4畳となるため、某P社の冷暖房除湿ルームエアコン「CS-63RGX2」にしました。(購入価格:230,000円+ポイント)

 「気流ロボット」や「フィルターお掃除ロボット」などを搭載した、某P社の最高級モデルで、冷房17~26畳(暖房17~21畳)用の大型機です。

 「メガアィティブイオン」で、部屋の空気を除菌清浄してくれるだけでなく、“お掃除ロボ”が毎日定刻にお掃除してくれるので、「10年間、お手入れ不要」だそうです。
(お試し好きの職人としては、買わずにはいられなかった~)0xF9C7

 なお、冷蔵庫や洗濯機のところでお気づきになった方もいらっしゃるかと思いますが、職人は天の邪鬼なので、いくら「白モノ家電」といえど、白を買ったりしません。
(というか、この部屋に白を付けたら、絶対ウキます)

 某P社の家電に共通して採用されている、「ノーブルシャンパン」という、ベージュっぽい、穏やかな色にしました。

 ちなみに、日本人は、白がそーとーお好きなようで、BMWもMercedesもJaguarも、日本では、なぜか白が一番よく売れるそうです。

#個人的には、どう考えても、デザイナーがイメージしたカラーとは合っていないので、???な感じではありますが・・・。(まぁ、個人の好き好みの問題ですけれども)

 ということで、またもや某P社の製品が増えてしまいました。0xF9C7

2007/10/14

 いや~、まさか自分でIHを設置しちゃうヒトは、あまりいないと思いますが・・・。0xF9C7

 物好きな方のご参考になればと。

National KZ-VSW33D

 標準の、東京ガスさんのガスコンロです。

National KZ-VSW33D

 ごたくを並べる、いや、ごとくを外します。

National KZ-VSW33D

 片っ端から、取れるもんは、すべて外します。

National KZ-VSW33D

 うちのマンションでは、ガスコンロの後ろ側に、IH用の予備コンセントが来ています。

National KZ-VSW33D

 ガスコンロの下側に接続されているガス管を取り外します。これで、ガスコンロ本体がフリーになります。

#施工には、ガス工事士の免許が必要となります。

National KZ-VSW33D

 ガスコンロ本体を取り外します。

National KZ-VSW33D

 IH本体を据え付けます。かなり重いです。(腰を痛めないように)

National KZ-VSW33D

 グリルカバーや、化粧パネルを取り付けます。

 今回取り付けたのは、この9月1日に発売となったばかりの某P社のIHクッキングヒーター「KZ-VSW33D」です。

 3口すべてがIHで、かつ手前2口がオールメタル対応という、某P社のIHクッキングヒーターの最高峰モデルです。価格も堂々の、希望小売価格409,500円(税込、工事費別)の横綱級。

 実は、工事中オプションで、「KZ-ES32B」(希望小売価格225,750円(税込、工事費別))もあったのですが、3口のうち2口がIH(残り1口はラジエント)で、かつオールメタル対応ではない廉価版モデル(しかも、2世代前)だったため、元より検討対象外でした。

 さて、横綱級の価格の「KZ-VSW33D」ですが、これを“とあるルート”から購入すると、ぬぅわんとっ!驚きの194,000円(税込、工事費別)となりました。(もちろん新品)

 いや~、定価の半額以下で買えちゃうなんて、すごいです。というか、これだけ安くなってしまうと、そもそもの価格設定自体が疑わしくなってきてしまいます。
(まぁ、見掛けの定価を高めに設定して、あたかも値引いたような取付工事費込み価格を出させることで、街の電気屋さんを儲けさせてあげようという、某P社の作戦なのだと思いますが)

 ちなみに、この「KZ-ES32B」を、某「デベロッパーお抱えのインテリア会社」で見積もってもらったところ、362,000円(税込、工事費込)と出ました。

 上記価格には、100V→200V交換の取付工事費が入っているとはいえ、ここでも、
   ♪「右から来たものを~、左に受け流す~」
だけで、16万円以上もピンハネしてるんですね。
(まったく、“高付加価値な”ご商売です。開いた口が塞がりません)

 ということで、またもや某P社の製品が増えてしまいました。0xF9C7