SOARISTO工房 Logo
Home Archive
2007/08/13

 前回の続き。

Theater Panel

 こんな感じで、ベニア合板を組み合わせて、「モノコックフレーム」(?)を作ります。ちょうど、下り天井の奥行きに、ぴったり合わせます。

 52インチのBRAVIA(KDL-52X2500)だけで46.5kg、壁掛けユニット(SU-WL51)で9.5kg、合計56.0kgもの荷重が掛かります。

 現在、強度計算中ですが、30mm厚の合板と、24mm厚の合板の組み合わせでいけそうです。

 「シアターパネル」と命名します。

2007/08/07

 気付いた方は、気付かれた(気付かなかった方は、まったく気付かなかった)と思いますが、こちらこちらにあるFlashムービーには、ある特殊な処理が施してあります。

 本論からは外れますが、少し解説します。(もと画像屋の自己満足ですが)0xF9C7

bridge_org.jpg

 まず原画像です↑。

bridge_border.jpg

 Border()関数で、周囲に作業領域を確保します↑。

bridge_blur.jpg

 GaussianBlur()関数で、ぼかし効果(ガウシアンフィルタ)を掛けます↑。

 原画像の中で、明るい部分が強調されたようなイメージになります。

bridge_over0.jpg

 Composite()関数で、背景の上に、Plusモード(輝度値を合算)で合成します↑。

 プロジェクターから投射された光が、スクリーン上で周囲に拡散したようなイメージになります。

bridge_over1.jpg

 さらに、Composite()関数で、原画像をOverモード(上書き)で合成します↑。

bridge_over2.jpg

 比較のため、背景の上に、単純に原画像を合成したイメージを載せます↑。

 単純な合成では、なんとなく薄っぺらい感じが拭えません。明らかに、拡散効果を加えた方が、リアリティが増しています。

 この処理を、動画像のすべてのフレームに施すことにより、画像中の明るい部分の動きに合わせて、拡散光も付いていくような視覚効果を得ることができます。

2007/08/04

 前回の続き。

theater01.jpg

 BRAVIAおよび100インチスクリーンを設置する壁面です。

theater02.jpg

 シアターパネルを設置するためには、この「下り天井」の部分をいかに美しく仕上げるかが、ポイントとなりそうです。

theater03.jpg
(動画は本国BMW AGさんから拝借)

 今日も暑い一日でしてが、気分は爽快でした。

 久しぶりに平日に休みを取って、内覧会に行ってきました。何しろ、一生に一度の買い物ですから、準備満タン。

 今回は、いろいろ考えて、内覧会同行業者さんに同行をお願いしました。お願いしたところは、業界最大手の「さくら事務所」さんです。

 新車の納車時確認ぐらいであれば、自分でなんとかできる自信がありますが、こと住宅のこととなると、ずぶの素人であるため、やはりここはプロにお任せすることにしました。

 同行費用は63,000円(税込)と、少し高いですが、ここでの数万円と、後から出るかも知れない数10~数100万円を比べれば、いまお金を掛けておいた方が良い、という結論に達しました。

 ちなみに、昨日の8月1日、国税庁から2007年分の路線価が発表になりました。首都圏の一部エリアでは、バブル並みに上昇しているようです。

 このマンションの目の前の路線価も、昨年より18.2%も上昇しており、単純計算で一千数百万円も高くなったことになります。

#いや~、去年の内に購入しておいて良かったです。(差額でM5が買える?)

ssr01.jpg

 リビングです(17.5畳)。

 4LDK(90.0㎡)を、オプションにより、ブチ抜き2LDK+DENに変更しています。

 DENは、書斎(兼工房)になる予定。

nairankai02.jpg

 ベランダからの眺め。

nairankai03.jpg

 お台場方向。

 今年は間に合いませんが、来年は、レインボーブリッジのほぼ真上に、東京湾大華火祭の花火を観ることができます。

 レインボーブリッジの向こうに、「センチュリーパークタワー」(中央区)が見えます。そのまた向こうは、「江東区」豊洲。

nairankai04.jpg

 川崎・横浜方向。

 羽田に向けて着陸態勢に入るジャンボジェット機を見ることができます。航空機ファンには、たまりません。

nairankai05.jpg

 玄関からの眺め。

 京浜運河の水門が見えます。

ssr02.jpg

 キッチンは、4.9畳。

 工事中オプションにより、上部の棚を取り払い、「オープンキッチン」にしてあります。ビルトインタイプの食洗機(NP-P45V2PS)も入れてあります。

 コンロは、入居後すぐに、「IHクッキングヒーター」(KZ-VSW33D)にDIYで取り替えます。

 工事中オプションのIHは、1. 廉価版の機種であること(KZ-ES32B)、2. 二世代も前の機種であること(B世代)、3. その割にボッタクリ価格であること(デベが中間詐取)、から、元より検討対象外でした。

nairankai07.jpg

〔関連情報〕
   ・路線価2年連続上昇 地方も投資対象に 都市部は過熱懸念
   (2007年8月2日:読売新聞)
   ・7月の東京23区マンション販売価格、92年以来の高水準
   (2007年8月13日:読売新聞)
   ・マンション価格:東京23区平均、15年ぶり7千万円超す
   (2007年8月13日:毎日新聞)
   ・マンション価格、5千万円台に=億ション相次ぎ、92年以来高値-7月の首都圏
   (2007年8月13日:時事通信)

2007/07/24

 前回の続き。

ecocarat01+.jpg

 青山の某・M井デザインテックのショールームで、INAXさんの「エコカラット」の施工イメージを確認↑。

theater02.jpg

 ソニーさんのフルハイビジョン・ホームシアターは、こんな感じ↑。

 ということで、IllustratorとPhotoshopを使って、お絵描き。

theater00.jpg

 まずは、普通に施工した場合↑。

 天井高は、2550mmありますが、カーテンボックスの部分と、下り天井(高層階のため)の部分があるため、壁面全体に施工することはできません。

theater00+.jpg

 そこで、現在構想中の「とある仕掛け」を施すことにします↑。

 これにより、壁面いっぱいにエコカラットを施工できるようになります。あわせて、BRAVIAも壁掛け設置できるようになります。

theater01.jpg
(動画は本国BMW AGさんから拝借)

 BRAVIA(KDL-52X2500)と、フロントスピーカー(SS-X90EDSS-CNX70ED)を配置すると、こんな感じ↑。

#ちなみに、X2500シリーズの52インチモデルは「生産完了」となったので、間もなく新モデルが・・・。

 さらに、空間コーディネート例のとおり、同系色の「プレシャス モザイク カッセ」と「ニューナチュラル」をブレンド。

 縦にアクセントを入れることより、天井高を、より高く見せることができます。(おそらく)

theater03.jpg

 100インチのスクリーンを展開すると、こんな感じ↑。