SOARISTO工房 Logo
Car Archive
2007/01/22

M5 Door Mirror

 帰宅してみると、ドイツから、またも小包が届いていました。0xF9C7

DHL Tracking Report

 こんな感じで、配達状況をトラッキングできます。

 1月19日の午後、ドイツのベルリンを出発し、ライプチヒを経て、翌20日にはベルギーのブリュッセル、オランダのアムステルダムを経て、21日には東京で通関、22日には横浜に届いてしまいました。

 ドイツから日本まで、わずか4日間。速いですねぇ。0xF9CF

M5 Door Mirror

 ってことで、M5用のドアミラーです。

 左右セットで、777.40ユーロ。1ユーロ157円換算で、約122,000円です。この他に、左右のミラー本体が必要となります。

 某オークションでは、259,800円だそうです。
   http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h39241120

 こんなん、買うヒトいるんでしょうかねぇ。0xF9D1
(別に営業妨害するつもりはありませんが)

 ちなみに、ドアミラーは、右ハンドル用と左ハンドル用とで部品コードが異なるので、おそらく左右で微妙に取り付け角度が違うのでしょう。また、生産年月が2005年9月以前か以降かによっても、部品コードが異なりますので、注意が必要です。

 ってことで、部品は手に入りました。手に入りましたが、このまま取り付けたのでは、まったくもって能がありません。

 そこはそれ、工房ならではの「工夫」を施す訳です。0xF9F8

 ちなみに、某オークションには、こんなんが出ています。
   http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e64297503

 いや~、BMWをMercedesとおんなじようにして、一体どうしようってんでしょうかねぇ。0xF9D1
(別に営業妨害するつもりはありませんが)

 よくある、東南アジアかどっかの製品でしょうか。

 BMWに取り付けるに値する成型精度を持っているかはさておき、ドアミラーには、高速走行中は、ものすごい風圧が掛かります。

 TOYOTAやMercedesのドアミラーを分解して、よく分かりましたが、高速走行中にもガタ付かず、かつ数千回もの折り畳み動作にも耐え得るためは、ものすごい設計ノウハウ、生産ノウハウが必要となります。

 かな~り、懐疑的です。
(別に営業妨害するつもりはありませんが)

 数年来、改造をやってきましたが、やはり総合性能としては、純正部品に勝るものはありません。

 ちなみに、こんなんも到着しました。

Dolphin Antenna

 なんだか分かりますか。ルーフエンドに付いている、イルカの背びれです。

Dolphin Antenna

 内部は、こんな風になっています。

 いや~、ドイツからわざわざこんな部品を取り寄せる物好きも、なかなかいないと思います。日本でも、いや世界的も、珍しいでしょう。

 ってことで、hrkさん、秋葉原プチオフ(or大手町?)でもやりますか。0xF9F8

1 Related Entries
2007/01/17
[ Car, Movie, News ]

 ご存知のとおり、「M5 Touring」が発表されました。

BMW M5 Touring Revealed
(2007年1月9日:WorldCarFans.com)

M5touring01.jpg

 これだけ見ると、テールランプがLED化されているようにも見えますが・・・。
(ついでに、ライセンスランプもLED化?)

M5touring02.jpg

 この動画から見ると、微妙なところです。

2007/01/15

 カイシャの近くにガイシャが駐まっていたので、0xF8E2。

bent01.jpg

bent02.jpg

 すごいです、このなだらかなライン。一目で見て、それがBENTLEYであることが分かります。

No other car is like it. Pure Individuality.

というコピーは本物です。

 ヒト真似のデザインが多い中、この個性と存在感は、他に抜きん出たものがあります。

 すごいです、パーキングメーターの白線からはみ出しちゃってます。全長:4,804mm×全幅:1,916mm×全高:1,390mmのフルサイズボディー。

 6リッター、W12気筒、ツインターボチャージャーエンジンから生み出されるパワーは、最高出力:560PS/6,100rpm、最大トルク:66.3kgm/1,600rpmで、2,420kgもの巨体を318km/hまで押し上げます。

 ホイールアーチに収まる19インチホイールは、日本BBSからOEM供給された鍛造品です。

 そのお値段、21,450,000円~(から)。

 しか~し! ○○ナンバーが、そのすべてを台無しにしているのでした。ザンネン!0xF9AC

2007/01/14

 Bitteにビッテきました。0xF8BF0xF9AD

bitte01.jpg

 いじょう。

2007/01/13
[ Car, Movie, News ]

 ドイツ本国では、2007年モデルが正式に発表されました。
   ・Neuheiten von BMW in der BMW 5er Reihe und bei BMW M
   (2007年1月8日:BMW Deutschland)

 2007年モデルでは、2003年のE60の発表後、初めてのフェイスリフトを受け、一部のデザインが、びみょ~に変わっています。

 個人的には、「光りモノ」関係にどのような変更があったのか、ひじょ~に気になるところです。

2007model01.jpg
(画像はBMW Deutschlandさんから拝借)

2007front01.jpg

 まずは、フロントセクション。

 いまや、BMWのトレードマークとなっている「エンジェルアイ」(工房では、「イカリング」などという無粋な呼び方はしません)が、E90やLCI(Life Cycle Impulse)後のE65/66のように、はっきりしたリングになったようです。

 いまドイツ本国にヘッドランプユニットをオーダーすれば、日本導入よりも早く「新顔」になれるかも知れませんね。0xF9CE

2007rear01.jpg

 つづいて、リヤセクション。

 じつは、ココが前から気になっていました。何が気になっていたかというと、「テールランプが、LED化されるかどうか」です。

 と、テールランプの前に、まずはターンシグナルランプ(ウィンカー)がLED化されています。

 しかしながら、公式サイトの画像からは、テールランプがLED化されているかどうかは、よく分かりません。従来のバルブ式のようにも見えます。

 さて、New BMW 5 Series Facelift Revealedの記事を読むと、“LED direction indicators and five light conductor rods at the rear”という記述があります。

 何でしょうね、「five light conductor rods」って?

2007model02.jpg

 ということで、こちらのビデオクリップにて、テールランプ周りの点灯状況を見ることができます。
(1:50前後)

注: 北米の車両規定では、後部側面にサイドマーカーランプを持たなければならないため、上記の画像では、テールランプユニットの側面に、4つのLEDが具備されていまますが、日本に導入される車両では、このままの仕様となるかは不明です。

 いずれにしても、ちょうど良かったです。E39がそうであったように、E60でも、いずれフェイスリフトでテールランプがLED化されるであろうことは、予想していました。

 すでに、純正のHELLA製ではなく、どこぞの怪しい東南アジアのメーカーから、「LEDテールランプ」なるものが発売されていますが、細部をよ~く見てみると、成型精度がイイ加減で、とてもBMWに付けられるシロモノではなさそうに見えました。
(おそらく、半年もすれば、水漏れで「ナミダ目現象」が発生することでしょう)

 これまでの経験も踏まえ、DIYにてLED化することも考えましたが、まずは2007年モデルのテールランプがどのようなデザインであるか、しっかりチェックしてみたいと思います。